重要事項などの表示の義務化

近年では金融の分野における規制の緩和によって、さまざまな金融商品が販売されています。そのことは投資家にとって辛酸の運用先の選択肢が増えるという点では歓迎できることなのですが、一方では投資家の知識不足によって金融商品の取引の際にトラブルが発生するケースが増えています。

???? Vol.107 ?????????????
金融商品を販売している金融業者と、それを購入する投資家の間にはその商品に関する知識や情報において大きな隔たりがあります。本来、投資を行う際には投資家自身の自己責任において行動するべきものですが、だからといって金融商品と取り扱う業者が知識や情報に乏しい投資家に対して何の知識や情報も与えないまま一方的に金融商品を売り込むのは道義上許されることではありません。

 
そのため、投資家の保護と金融市場の公正かつ透明化を目的とした金融商品取引法が作られることになりました。

 
この法律では金融業者が金融商品を勧誘・販売・広告する際の行為について規制が強化されています。特に金融商品の勧誘や販売を行う場合には、金融業者は投資家に対してリスクやコスト、仕組みなどの重要事項および金融商品を販売する事業者名や登録番号に関しては書面において交付しなければならないという義務が設けられています。

コメントは受け付けていません。